最近エコパで親しくなったK爺さん。
 私よりかなり先輩ですが、こちらに越してきたのは3年ほど前。それまで80年間ずっと新宿二丁目界隈に住んでいたといいます。
            
 「二丁目というと、ゲイバーがいっぱいあるところですよ」というと、
 「そうです、そうです。今やすっかり有名になって、タレントのDをはじめ、あそこから出たのが多いんだよ」
   

 ここは30年ほど前ゲイバーの取材で何度か訪れたことがあります。
 そのころはゲイバーの全盛時代で、この狭い地域に200軒ほどのゲイバーがひしめいていました。しかし今はかなり下火になっていると思われます。

新宿二丁目の飲食街     

 「そうだねえ、あのころの勢いはなくなったけど、それでもしぶとく残ってるよ」
 「あそこはもともと遊郭だったからね。五木寛之の『青春の門』なんかによく出てました。でも売防法(昭和33年)でなくなりましたね」
 「でも私は間に合って何度か遊びに行きましたよ。なにせ地元だからね。子どものころは通学路だったもの」
  

 二丁目はともかく、学生時代は三丁目にはよく通いました。
 「シネマ新宿」「日活名画座」は低料金で名画(洋画)が観られたし、ジャズ喫茶「ピットイン」も近くにあったから。
     
 それになによりも、花園神社界隈はかつての私の職場。
 20代の半ば、初めて勤めたのが花園神社近くの出版社。私はそこで(成人向け)娯楽雑誌の編集に辣腕を振るい(?)ました。発禁で呼び出されたこともあります。

花園神社     

 「私の職場はYビルの4階にあって、下は酒屋のY商店でした」というと、
 「えッ、Y商店? 私、そこのオヤジとは友だちだったんだよ。ふだんは温厚だけど、酒飲むと性格が変わってね」
 これには絶句。

 そして「友だちだった、とは?」と聞くと、
 「10年ほど前に亡くなってね。今は息子が継いでるよ」
 「…………」
      
 さらに、
 「あそこが職場だったなら、あの辺はよく歩き回ったでしょう」
 「そう、近くに会社の分室や倉庫があったし、飯屋や喫茶店があったからね」
 「あのあたりは知り合いが多いから、よく知ってますよ」
 「じゃあ、そば屋のWや、定食屋のFなんかも?」
 「知ってるよ。明治通りの反対側にあるWでしょ。まだやってますよ。路地に入ったFはもうないけど」
 なんと、当時私が同僚たちとうろついていたところは全部知っている!
   

 「喫茶店もよく行きましたよ。作家やカメラマンと打ち合わせするのは歩道橋下のMだったけど、個人的にはGが好きで、よく行きました。あそこはコーヒーが美味かった」
 「そうそう、あの店主は私より5歳ほど若いけど、よく知ってるよ。マジメな男でね。いつもコーヒーの味を研究していたよ。そもそも私は彼の姉さんと同級生なんだ」
 あまりの一致にこちらはおどろくばかり。
     

 もっともおどろいたのは私だけではなくK爺さんも同じで、見知らぬ埼玉の片田舎へきて、自分の古巣のことをよく知っている人間に出逢おうとは夢にも思わなかった。
 「いやあ、懐かしいなあ。ここへきて新宿のことを初めて話しましたよ」
 そして、
 「今度新宿に行きましょうよ。あなたの好きなGはまだ営業してますよ」
 と誘われたのですが、答えはムニャムニャ……。
 たしかに懐かしさはあるけど、職場だっただけに負の思い出もあるので、退社してからはなんとなく避けていました。
   

 それでもふたりに共通した実感は、
 「つくづく世間は狭い」
 「長生きはするものだなあ」
 でありました。

     

スポンサーサイト
 この日、私は近所を少し徘徊し、新しく買ったコンデジであたりの景色を撮っていました。
 しかし数枚撮っただけで容量オーバー。
 「なんだ、これだけしか撮れないのか」
 (当時はメモリーカードの容量がよくわからなかった)
      
 仕方なくスナップ撮影はあきらめ、帰宅。
 カードの切り替えは明日でいいか、と撮った画像をPCに取り込みました。
 そして、これを明日のブログにどう反映させるか、と考えていると、グラグラ、グラグラッ!
 「おや、地震だな?」
     
 しかしその揺れは次第にユッサユッサと大きく、激しくなる。
 「大変だ!」
 食器棚の上に大きな電子レンジが乗っかっているので、それが落ちないように抑えに行きました。
 揺れはさらにグラグラグラッと激しくなり、しかも時間が長い。
 ドサドサッと音がしました。棚の上の資料の箱が落ちました。
  
 5分ぐらい揺れていたでしょうか。
 こんなに激しく、長い地震は初めて。
   
 ラジオを点けると、「震源地は宮城県沖、マグニチュード7.6、宮城県の震度7」
 その後マグニチュードは8.4に変わり、8.8と訂正されました。
 南関東でも震度5強。こちらでも最大級の地震でした。
       
 夜のTVニュースを観ると、東北地方の被害が甚大であることがわかりました。
 とくに津波が沢山の車を押し流し、河をさかのぼって人家や畑を飲み込んで行く様子にことばを失いました。
 これが「2011.03.11東日本大震災」の日でした。
 翌日被災地の惨状をTVニュースで見て、胸がふさがりました。
 地震で家が倒壊するだけではなく、津波による被害がひどく、救助隊の動きもままならないようでした。
    
 「あんた、無事だったか」
 関東各地に住む友人たちと生存確認と被害状況を報告し合いました。
 「こちらの被害はTVの裏に収納したビデオがバラバラ落ちた程度だよ」
 そして異口同音に「こんな大きな地震、初めてだ」
 友人との会話も変わりました。
 そのときがきたらどうするか、ということを真面目に語り合いました。
 避難しているときに救助のヘリがきて、ひとりしか運べないという究極の選択です。
 「オレはもういいかな。子どもや若い人に譲るよ」
 「わからんぞ。そんなことをいうヤツに限って、われ先にロープにすがりつくんだから」
 「そうかなあ」
 「いや、キミかそうだということではないけど、そのときにならないとわからない」
     
 関西の友からも心配されました。「そっちは大丈夫か。心配したぞ」
 大丈夫もなにも、(東北に比べると)心配されるのが申しわけないぐらい。
 ときおり余震もあるけど、慣れてくると揺れ具合で「今のは震度2」とか「1かな」と判断できます。TVで表示を見ると大体当たっている。
 「震度3ぐらいではもうおどろかないよ。秋に会おう。生きていたらな、はははは」
 あれから7年。
 被災地東北の復興はまだまだというのに、日本は「東京五輪」に向かっています。
 こんなことでいいのだろうか。
 当方には何の力もなく、ただ首を傾げるばかり。
   
 もし2年後も生きていたら、そっと無視して過ごすしかないのか。
 ついこの間も「平昌」を無視したように。

        

 夏の思い出は何といっても逗子から三浦半島西岸を歩いたことでしょう。
 正確にいうと、最初は逗子(駅)から大崎公園に行き、そこからバスで逗子(駅)にもどり、逗子から秋谷海岸(横須賀市)までバスで行き、そこから海岸通り(134号線)を北上したのです。
   

 この海岸は景色がよく、どの写真も捨て難いのですが、最も印象深いのは夕日に照らされた森戸海岸。「森戸の夕照(せきしょう)」といって葉山八景に入っているそうです。
 私の気に入っている写真はこれ。

森戸の夕照    

 スチールパンを弾いている人を女性が撮っている。(それを私が撮っている)
 これは私のPCの壁紙になっております。
            

 10月には鎌倉にも行きました。
 5年ぶりです。江ノ島や逗子、葉山には何度もきていたのに、ここだけは避けていたのかな?
 あじさいで賑わう明月院も秋はひっそりしたもの。おかげで丸窓の景色が撮れました。

明月院の丸窓      

 改修された段葛(若宮大路)も歩きました。
 以前より植え込みがスカスカになったように思いますが、ほとんど若木(桜)なのでこれはしょうがない。むしろ以前のほうが立ち枯れが著しく、植え替えは必至だったそうです。

若宮大路の段葛    

 ついでに石積みのひび割れ修復工事もしたそうです。
   

 しかし何といっても今年の横浜徘徊の収穫は、横浜三搭を同時に撮ったこと。
 観光マップによると、三搭(キング、クイーン、ジャック)を見られるところは、大さん橋、赤レンガ倉庫の脇、像の鼻突堤の先端となっているけど、それより(?)いいところを発見しました。
 それがこれ。

横浜三塔が同時に見えた     

 三搭のなかではジャックの塔(開港記念館)が最も見えにくいのですが、白い鉄塔の足元左にレンガ造りの塔がはっきり見えるでしょう。これがジャック。
   

 どこから撮ったかって?
 このあたりをよく歩いている人なら、「あそこか」とわかるはず。
 ただし今の時期じゃないと、左の木の葉が茂ってきて、キング(神奈川県庁)が隠れてしまうかも。
           

 いずれにしてもこの写真はこれが初お目見え。
 今年の締めくくりとして、私からのプレゼントです。
 それでは皆さま、よいお年を。

     

 今年の徘徊を振り返ってみると、私なりには充実していたように思います。
 2月には横浜のあちこち(能楽堂の脇、野毛山動物園前の歩道橋、大さん橋)から富士山を見ました。これは大きなよろこびでした。

野毛山動物園の向こうに見える富士   

 4月には横浜緋桜を見ました。
 一般的に横浜緋桜はソメイヨシノより早いといわれていて、ひざくらの丘(本牧)では大半が散っていましたが、本牧公園とランドマークタワーの前で見られたのはラッキーでした。

横浜緋桜(本牧公園)    

 むろん関内桜通りの八重桜も見ました。
 このころの横浜は「ガーデンネックレス」という花のイベントが行われ、6月ごろまで賑わっていました。
        

 6月には関西にも行きました。
 大阪では御堂筋を歩き、適塾跡や道修町(弟の関連)、西本願寺(北御堂)などをうろうろしました。
 

 そして夕方には築港へ。
 大阪港の夕日を見る予定でしたが、陽の落ち方が今ひとつで3年前(大阪トレードセンター)のようなきれいな夕日は見られなかった。
 それでもレトロビル内の渋い喫茶店で珈琲が飲めたのがよかった。

築港の夕日   

 翌日は枚方の旧京阪道を歩きました。
 旧東海道に関しては、品川から戸塚まで(継ぎ足しで)踏破したので、古い街道には興味があります。
       

 地元に目を転じれば、今年も川島町の「日本一長いバラのトンネル」へ行って、バラを見てきました。
 日本一長いといっても直線ではなく、8字状になったアーチの小道。それでも全長は340.5mあって、60品種、474本のバラの花はなかなかの見ごたえでした。

日本一長いバラのトンネル(川島町)   

 また7月には狭山市の「入間川七夕まつり」にも行きました。
 これは関東三大七夕まつりのひとつなのだそうです。
 このあたりでは盛大な祭りでしたが、平塚(神奈川県)には敵いません。まして本場仙台にはとてもとても。

入間川七夕飾り(狭山市) 

 しかしその意気やよし。好感の持てる祭りでした。

    

 生活に関しては相変わらずだらだらと過ごしていますが、エコパへ行くことが増えたかな。
 初期のころは浴槽が広いので、腕や足のリハビリ運動が目的でときどき行っていたのですが、最近はオッチャン(ジイサン?)たちとの無駄話も面白い。
 ときには「しょうもないことばっかりいいやがって」と思うこともあるけど、それも一興。

 上ったら血圧を測ることにしています。
 概ね120-80、65(脈拍)の値ですが、冬になると高・低とも10ぐらい上がります。
 最近気になるのは脈拍のところで「不規則脈波」と出ること。脈が乱れている? 医師に相談したほうがいいのか。
     

 ついでにいうと、7月には夏風邪を引き病院へ行ったら、気管支炎の疑いあり。
 そこでレントゲンを撮り、血液検査をした結果、異状なし。単なる夏風邪だったらしい。
 以前より大きな声が出せなくなったのは、「加齢のために喉の筋肉が痩せたから」とのこと。
 「喉の筋肉を太らせる(?)方法はないのですか」と聞いたら、「ありません」とニベもない答え。
 ヤブ医者め。
     

 前立腺肥大はほとんど治っているのではないか。
 行きつけの病院では「名医」にかかっていたけど、あまりに待たされるので、次回から外れることを所望しました。
 こちらとしては「名医だろうがヤブ医だろうが関係ない。別に行かなくてもいいんだよ」と思っているから、こんな楽なことはない。
 ところが川越の友は何としてもこの「名医」にすがりつきたいようで、先日も「先生だけが頼りです。何とぞお見限りなきようお願いします」と懇願したというから情けない。
     

 目のほうは相変わらずドライアイで眼科に通っていますが、視力、眼底はさほど問題はないようです。
 昨年夏に眼鏡を変えてからは遠くも近くもよく見えるようになりました。
 254バイパスをチャリで走行しているときなど、直線だと3つぐらい先の信号が見えるし、近くでは眼鏡外さなくても文庫本の文字が見える。私の場合、眼鏡を変えたのは大正解だったようで。
   

 しかし歯のほうはかなり弱っているようで、レントゲンで見ると2本折れているそうで、腫れるか、ボロッとなるかは時間の問題だそうです。なるべく長く持つように歯磨きを指導されています。
  

 健康ついでにいうと、昨年は足の攣りに何度か悩まされましたが、今年は遠出する際は医療用ストッキングを着用したので、攣らなくなりました。
 それでも「あれッ、危ないかな?」と思うときがあるのですが、屈伸運動すると治まります。
 今年は湘南、横浜へ10回ぐらい足を運び、いずれも3万歩ぐらい歩いていますが、攣りに悩まされたことはなく、ご同慶の至りです。

 IT環境は少し変わりました。
 TVに関しては以前からJ:COMに入っていたのですが、7月にきた営業マンの話では、PC、固定電話、携帯電話、すべてJ:COMに統一すると月4000円ぐらい安くなるとのことで、思い切って切り替えました。
 そのため固定電話の番号と、携帯電話のメールアドレスが変わりました。
 PCのメールアドレスも変わったけど、以前のメールアドレスも残した(有料)ので、これまで通り。
 料金に関しては最初の2ヶ月はJ:COMの工事費や、前の電話の解約料などでいつもの月よりかかりましたが、次の2ヶ月はいつもの月より約4000円ほど安くなっていました。料金的には正解のようです。
  

 TVの受信機は新しいものに変わり、BS、CSは見放題(有料は除く)。しかも録画できるので、最近はこれで録画して映画などを観ております。
 当欄でもときどき映画の感想をUPしていますが、すべてこれで観たものです。
   

 録画したものは観ては削除をくり返していますが、それでも60本ぐらい溜まりました。
 以前は生で観ていたものを最近は録画で観ることが多くなりました。
 CMは飛ばせるし、トイレに立つときは一時停止できるので、こんな楽なものはない。
        

 大晦日はBSプレミアムで黒澤作品が一挙放映されるので全部録画予約しました。
 正月はこれらの「消化」に追われるのかな。