昨日の当欄で「関内桜通りのメインはこれ(カンザン=関山)です」といった手前、ここにこなければ示しがつかない。
 しかも川越の友には「あとは関内の八重桜を見届けるだけ。これを見ないと死んでも死に切れない」といった以上、咲いてなければ私の立つ瀬がない。
   
 果たして咲いてるか。不安な気持ちで関内に入ったところ……。
 おーッ、咲いてました。それもほぼ満開。(04/17現在)
桜通りにきてみると…      
 中区の広報によると、「関内桜通りの桜は4月中旬~下旬が見ごろ」とあるけど、当方は長年見てきてるので、「ここの桜はソメイヨシノより10日ほど遅い。したがって下旬ではもう遅い」と睨んでおりました。
ほぼ満開   
 この関内桜通りには関内駅から県警本部まで約700m間に約60本の桜が植えられていて、その大半が八重桜。ピンクが濃く、花びらがぽってりしています。
 ソメイヨシノが乙女なら、こちらは妖艶な熟女。
これぞ八重…     
 実は、跡見の「サクラガイド」によると、八重桜という品種はなく、大半はカンザン(関山)だそうです。
 たしかに関内桜通りの「桜マップ」(横浜市道路局施設課)を見ると、主要部分はカンザンと記されています。他には陽光、おかめ、大寒、寒緋、薄墨など早咲きの品種が植えられ、長期間桜が楽しめるようになっています。
桜のトンネル  
 一部、淡いピンクの八重桜が咲いていました。
 これは「桜マップ」によると、フゲンゾウ(普賢象)です。やはり遅咲きの八重。
 若木は先ほど山下公園で見たばかり。ここで実物が見られるとは。
これはフゲンゾウ?   
  
 写真を撮っていると、背後で「もう葉桜じゃん」という若い女性の声が。
 黙らっしゃい、これはこういうものだと心得ていただこう。
 カンザン(関山)は葉と一緒に開花するのである。
葉も出ている   
 わからないヤツはわからなくていい。
 それがこの桜の魅力なのだから。
無題      
 逢ひたくて誘われたくて八重桜
     
 年甲斐もない句を詠んでしまった。
        
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1536-3b7e4995