横浜の桜のことばかり取り上げているうちに、地元(南埼玉)の桜は終わってしまいました。
 地元の桜もいくつか撮りましたが、大半は没にすることにして、気に入ったものだけUPします。
 びん沼川船渡橋付近。
 びん沼川は、元は荒川の流路だったのを、明治43年(1910)の大水害を機に治水工事が行われ、現在は荒川の水量調整の働きをする川になっています。
船渡橋から見たびん沼川   

 こちらから大宮へ行くとき(埼玉県道56号=さいたまふじみ野所沢線)、びん沼川を渡るのが船渡橋。
土手の櫻   

 ここに「船戸の渡し」という官営の渡船場があったことから船渡橋と名づけられました。
 あんまり脚光を浴びないけど、隠れた桜の名所です。
川沿いの桜並木  
 砂川堀雨水幹線・花影橋
 これは大井弁天の森の砂川堀の下流。
 ふだんは冴えないドブ川ですが、桜の時期だけ人が寄ってくる。
砂川堀雨水幹線   
 といっても大井弁天のような賑やかさはなく、近所のお年寄りが集まってくる程度。
 近くに公園がないし、酒盛りをするところもないからかな。
 花影橋という名前はいいんだけどねえ。
花影橋 
 来し方を語らふ母娘はなの陰
 この花影橋、最寄りの駅は東武東上線のふじみ野駅。
 そのふじみ野駅の東口が「ももいろクロバー」駅になりました。
 これは「ももいろクロバーZ」なるグループのひとりがこの地の出身のため、それにちなんで改名(?)されたらしい。
ももいろクローバー駅(?)  
 といっても一種のジョークで、東口の看板を変えただけ。それも(05/07)まで。
 西口は「ふじみ野駅」のままなんだけどね。
西口はそのまま  
 これに関する締め句はなし。バカバカしくて。
        
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1534-5b907e23