FC2ブログ

 赤レンガパークにやってきました。
 ここは史跡の宝庫です。

 まずは「旧横浜港駅プラットホーム」
 当駅は明治44年(1911)、横浜税関構内の荷扱所としてつくられ、大正9年(1920)に旅客駅になったものです。これで東京駅から直通になり、「岸壁列車」と呼ばれました。(説明板)

旧横浜港駅プラットホーム 

 この路線は戦後も「ボート・トレイン」として存続しましたが、輸送がトラックに移り変わっていくとともにその役割を終え、昭和62年(1987)に廃線となりました。
 廃止後は平成元年(1989)横浜博覧会でレトロ気動車の運行が行われ人気を博しましたが、それも終わり平成8年(1996)に今のような形で復元されました。
 ただしこれはかなり短縮されたもので、当時のままではないようです。
           
 次に「旧税関事務所遺構」
 建設は大正3年(1914)。
 レンガ造りスレートぶき、3階建てのゴシック様式の建物で、1階にはガラス張り天井のホールと受付カウンター、2、3階には事務室や応接室、外国船や荷役のための貸事務所もあり、ガス暖房、電気照明、給水管など当時としては最新の設備が備えられていたそうです。(説明板)

旧税関事務所遺構 

 しかし大正12年(1923)、関東大震災によって屋根が焼失したため、復旧されないまま埋め戻されて、荷さばき用地なりました。
 その後、平成6年(1994)に赤レンガパークの整備に際して地中より事務所の煉瓦基礎が発見され、「旧税関事務所遺構」として保存されるとともに、今は花壇として利用されています。
    

 そして本命の史跡は何といっても赤レンガ倉庫(Red Brick Warehouse)
 ここは明治政府によって保税倉庫として建設され(2号館は明治44年=1911、1号館は大正2年=1913に竣工)、横浜税関新港埠頭倉庫と呼ばれました。
 いらい船の荷揚げ用の保管倉庫として使われましたが、平成元年(1989)に倉庫としての役割も終え、平成14年(2002)には装いも新たに、「横浜赤レンガパーク」なる商業施設がオープンしました。

人気のない赤レンガ倉庫 

 私は新規オープンする前の昭和59年(1984)、息子(当時小5)ときたことがあります。
 当時赤レンガ倉庫は、貨物のコンテナ化などで倉庫としての役割はほとんど終わっており、ドラマや映画のロケ地に利用される程度でした。
 一般見学も許されていましたが、それには「通行許可願」の署名が必要でした。
 敷地に入ってみると倉庫の周囲はペンペン草が生え、倉庫内はガランとしてカビ臭く、壁には大きな落書きがされていてまさに廃屋。それでも「ここが新港埠頭の倉庫か」と感慨深いものがありました。
 今回、まだオープン前で閑散としていたので、当時のことを思い出しました。
       

 赤レンガ倉庫の1号館と2号館との間の広場は、夏は「南国パラダイス」風になるのですが、今年は「Red Brick Beach」なるコンセプト。飲食店がやたら多い。7~8年前のほうが南国情緒があってよかったぞ。

夏のイベント「Red Brick Beach」 

 仕方なく岸壁のほうへ。
 四阿があります。このあたりはベンチも多く、休憩できるところも多いのですが、この四阿で休んだのは初めて。

赤レンガパークの四阿 

 対岸は大さん橋。
 大きな客船が停泊しています。よく見る船だ。

向かいに停泊する豪華客船 

 あれは「飛鳥Ⅱ」だな。


スポンサーサイト

 臨港パークから東の方向、国際橋を渡ったところが新港地区です。
 ここにはコスモワールドやワールドポーターズ、赤レンガ倉庫などいろんな商業施設がありますが、海側の景色も捨てがたい。
 この浜は「カップヌードルミュージアムパーク」というそうですが、私は「新港パーク」で通しています。
    

 ここは隠れた桜の名所ですが、松林から見る海の景色はなかなかの風情です。

松林から見る海 

 なぜか角にステージがあります。
 ここで音楽会でもやるのかもしれませんが、私は一度も見たことがない。

角の野外ステージ 

 ここから東に向かうと新港埠頭。ずっと工事中です。
 大さん橋級の客船ターミナルができるようです。

工事中の新港埠頭 

 その東側は海上保安庁の波止場。巡視船(あさつき?)が停泊していました。

巡視船が停泊 

 その港に面しているのがMarine & Walk。比較的新しい商業施設です。
 そこから来し方を見るとこんな景色。

来し方を振り返ると… 

 左はMarine & Walk、右は工事中の新港埠頭。そして中央奥に見えるのはヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。
   

 そこからさらに東に進むと海上保安資料館。
 一度なかに入ったことがありますが、某国の工作船などが具体的に展示されていました。

海上保安資料館と巡視船 

 そのとなりには巡視船「あきつしま」が停泊しています。

      


 久しぶりの横浜。4月の花見以来です。(5、6、7月は横須賀)
 この日(08/16)は、台風10号の影響が首都圏から遠のくのではないか、と判断してやってきたのですが。
   

 おなじみの潮入りの池。
 これは新高島駅から真っすぐに引かれた「キング軸」の先端だそうです。

臨港パーク・潮入りの池 

 橋から見た潮入りの池。この先は新高島駅なのか。

臨港パーク・橋から見た潮入りの池 

 段階状護岸。 
 この護岸はゆるやかな湾状になっていて、遠くの岸が見えるようになっています。

臨港パーク・段階状護岸① 

 錨(アンカー)のモニュメント。

臨港パーク・錨のモニュメント 

 ここ臨海パークがオープンした(1988年)当初は、錨とともに舵輪(ステアリングホイール)も置かれていました。しかしいつの間にかなくなりました。悪戯されたから?
 舵輪があればもっと風情があっただろうに。残念です。
   

 この日、朝は曇天で台風の余波なのか、ときおり強い風が吹きました。
 それが暑気を吹き飛ばしてくれて心地よいのですが、波が高かった。

臨港パーク・段階状護岸② 

 そうそう、ここへ来る前、とちの木通りで「アンパンマンこどもミュージアム」を見かけました。こんなの、以前あったっけ?

アンパンマンこどもミュージアム 

 調べてみると、先月(7月)7日に同じみなとみらい地区から移転してきたばかりだって。
 そんな新しいものを外観だけでも見られたのは何ともラッキー。
 波は高いけど、いいことある?

   

 昨日(08/14)は台風10号西日本接近ということで、ここ南関東も久々のお湿り。
 おかげで連日の猛暑は緩和され、冷房を使わずに済んだけど、日中断続的に降ってくる雨にとんだ迷惑を蒙りました。
   

 この日は食料品とパンを買う予定があったので、午前9時すぎに家を出ました。
 午前6~7時にかけて激しく降った雨もすっかり止み、むしろ晴れ間が見えるぐらい。
 「そうだ、帰りには図書館に寄ろう」
 と返却本(「草雲雀」葉室麟)を買い物バッグに入れました。
      

 ところが食料品を買い終えてスーパーから外へ出た9時40分すぎには、雨がパラパラと降っていました。
 「これぐらいは大したことない」
 かまわずエーキドーを目指しました。
   
 エーキドーのパン工場は市街地の外れにあり、ここから自転車では10分ぐらいの距離ですが、直売所のオープンが10時なので、ゆっくりと向かいました。
 雨は次第に強くなってきて、工場近くまできたときは本格的などしゃぶり。
 内心「しまったな」と思ったけど、ここまで来たらもう行くしかない。
 オープンまで3分ほど待たされたけど、一番乗りだったので目指していた山型食パンを買うことができ、気分良く帰りの道を進みました。
 雨は先ほどより小止みになっています。
 「これなら楽なもの」
   
 図書館に着いたときは、ほとんど止んでいました。
 読み終えた本を返却して、次に読む本(「蝶のゆくえ」葉室麟)を選んで図書カードとともに貸し出しカウンターに提出したところ、係の人が「先ほど返却された本ですが、濡れていたため返却したことにはなりません」といって突っ返してきました。「……ン?」
 見ると返却本には「お持ちいただいた資料が水で濡れています。ご自身で乾かしてから、再度ご返却ください」と赤字で書かれた紙片が挟み込まれていました。
 なおも「資料が水に濡れた状態ですと、ページが貼り付いてしまい、今後貸し出しができなくなってしまう可能性があります…… 以下略」などの注意書き。
        

 思えば当方の買い物バッグは防水力が弱く、雨水が沁み込んだのかもしれないけど、見たところ濡れている気配はない。こちらに何をしろというのか、意味がわからない。
 さらに「本を大切にしてください」という紙片を渡され、それには「書き込みや切り取りの禁止、水濡れやシミ付け。ペットの噛みつき……」などの注意事項が書かれていました。
        

 昨今では、多くの図書館が利用者の粗雑な取扱いに頭を痛めている、と聞いたことがあります。
 しかし私は大の図書館愛好者。借りた本は大切に扱っている。
 本を濡らしたのはこちらの落ち度だけど、そこまでいうことないじゃないか。
 高齢者が雨ニモ負ケズ健気にも本を返しにきた(それも期日前に)のだぞ。
 「足元の悪いなか、ご苦労様です。しかし残念なことに本が濡れていました。以後気をつけてください」といわれれば、「ああ、悪かったなあ」と反省する心は持ってるよ。
        

 むろん非は当方にあります。出かけるときは晴れていたんだけどなあ。

    


 ソレイユの丘に着いたときは、午後1時30分。
 腹も空いていたので、園内のレストランで「マグロ丼」を食しました。

マグロ丼(ソレイユの丘のレストランにて) 

 ふーむ、これなら新安浦漁港近くの「はま蔵」のほうが安くて美味い。
 食事を終えて、公園内をぶらぶら。

ソレイユの丘(07-29現在) 

 ところが和田長浜海岸への降り口にきたとき、足に異変が……。
 ギュ~ンと攣ってきて動かない。あれッ?
 足が攣るのはこれまで何度か経験したけど、その都度水を飲み屈伸運動などで回復させてきた。
 しかし今回は足が攣った状態で、屈伸運動すらままならない。
 歩数計を見ると、2万2000歩を少し超えたぐらい。バカな、この程度の歩数で。
 もっともその半分は砂浜と岩場だったから、そのダメージがここに表れたか。
   

 それでもそろりそろりと足を運び、ようやくソレイユの丘のバス停にたどり着きました。時刻は午後3時を少し回ったところ。
 ベンチで待っていると、ほどなくして京急三崎口行き(3時13分発)のバスがやってきたので、それに乗りました。車中では膝が曲がらず、通路に伸ばしたまま。
 三崎口駅に着いたのは3時28分。帰るには早い。
 これまでならどこか近くの海岸線まで行って夕日まで粘っていたけど、今回はそこまで歩けそうにない。不本意ではあるけど、3時35分発の京浜急行に乗りました。
 車中では座り続けるのが苦痛で、ときどきは立ち上がって屈伸運動も。空いてたからよかったけど。
     

 今回の三浦西岸徘徊は、京急のパンフレットを参考にしたものですが、海岸線の歩行は予想以上にきつかった。
 和田長浜海岸→佃嵐崎→荒崎海岸は約5kmほどある。砂浜と岩場の5kmは平場の15km相当するのではないか。それを思うと足が攣ったのも道理。
     

 しかし景色を堪能するにはこのコースは大正解?
 というのも荒崎海岸、潮風の丘、夕日の丘の見事な景観はいずれもコースの最後のほう。
 「ああ、いい景色だなあ」
 としみじみ感じ入るのは、疲労感を伴ったほうが強いのではないか。
 これが車で直接荒崎公園にきて、駐車場から3分ほど歩いて潮風の丘に上って「おッ、いい景色だな」と海を見ても、それほど大きな感激を味わえるかどうか。(負け惜しみ?)

潮風の丘からの眺め 

 とはいえこのコースは高齢者には過酷だ。
 今回の徘徊も「見限りの徘徊」の一環ではあるけど、荒崎に関してはまだ見限ってはいない。
 今度くるとしたら、三崎口駅からバスで直通だな。三戸の畑、和田長浜海岸、佃嵐崎、栗谷浜漁港、ソレイユの丘はどうでもいいか。

荒崎海岸にて 

 そんなことを車中で考えながら、無事鶴瀬駅(東武東上線)に着きました。時刻は午後6時すき。
 ずっと冷房の効いた電車に乗っていたため、ホームに降りたときはムワッとした蒸し暑さに包まれたけど、これまでのことがウソのようにスタスタ歩けるではないか。足は回復している!
 こんなことなら早く帰るのではなかった。
     

 しかしこれはあくまで結果論。
 三崎口に着いたときは本当に足が動かなかったのだから、帰ってきたのは間違いではなかった。
 高齢者の徘徊では、今後もこういうことは起こるかもしれない。
 これを一種の警鐘として肝に銘じればいいのか。
    

 そんなことを考えさせられた徘徊でした。