先日(03/24)は小学校の同窓生3人と、銀座の某ギャラリーで「京大写真部ОB展」を観てきました。高校時代の友人が出展しています。
  

 小さな画廊に36作品が展示。例によって友人が案内してくれました。
 「これはテーマが決まってるの?」
 「いや別に。それぞれが思い思いで撮ってます」

写真展・会場①   

 彼の作品は「静寂」といって雪の那須高原の樹氷の景色。
 濃紺の空との対比が見事でした。
  

 「おや?」
 「あらッ」
 高校時代の同窓生だった女性と遭遇しました。
 当時は口を聞いたこともなかったのに、同窓生の消息からはじまって、故郷(京都)の話に。

写真展・会場②   

 「この年になって、やっと京都のよさがわかってきたわ」
 「そうかな、オレなんか京都を捨ててるから」
 「あかんえ、そんなん。京都は奥が深いえ」
 「そうかなあ」

同窓生と   

 そのあと3人の仲間とも合流して、近くの喫茶店へ。
 話題は互いの近況話から老人論まで。
 「年取ると記憶力、計算力、判断力などほとんどの能力は若いものに負ける」
 「そら、そうや」
 「しかし負けんものがある。それは関連力や」
 「関連力って?」
 「これまで身につけたいろんな知識を結びつける力や。それができない年寄りはただの年寄りや」
 「ワシがそれや」
 (関連力の具体例は省略)

銀座   

 「最近みんなバタバタとあの世へ急ぎよるな」
 「ほんまや。ワシもそろそろや」
 「オレは覚悟はできてるよ。むろん孤独死や」
 「私、孤独死もひとつの死に方やと思うわ」
 「その通りや」
  

 小一時間、こんな会話で盛り上がって散会しました。
  

 絵画展出でて目に入る春の色

スポンサーサイト

 聖路加国際大学より海岸側は聖路加国際病院ですが、立ち入るのは遠慮して、その先の聖路加ガーデンに入りました。

聖路加タワー   

 聖路加ガーデンは1994年に開業した複合施設で、2棟の超高層ビルで構成されています。
 「たしかここに展望台があったはずだが……」
 ホールにいたガードマンに聞いてみると、今は閉鎖され、レストランになっているとか。
 なるほど、そういうことか。

聖路加ガーデン(ホール)   

 展望室はなくてもオフィス棟とホテル・レジデンス棟を結ぶブリッジから展望できるとのことですが、どうしても見たいわけでもないので外のテラスに出ました。

聖路加ガーデンのテラス   

 目の前を隅田川が流れています。
  

 水上バスも。

隅田川の水上バス  

 ♪春のうららの 隅田川 
 のぼりくだりの 船人が
 櫂のしづくも 花と散る
 ながめを何に たとふべき
  

 上流側の橋は佃大橋。その向こうに建っている高層ビルは大川端リバーシティ21。
 その左に見える斜張橋は中央大橋です。

隅田川と佃大橋   

 ♪錦おりなす 長堤に
 暮るれば昇る おぼろ月
 げに一刻も 千金の
 ながめを何に たとふべき
 (歌詞と今の景色とは雲泥の差があります)
  

 冥府より我にこと問ふ初ざくら
  

 楽しみにしていた桜を観ずに逝った知人もいたなあ。

 明石小学校の南側は聖路加(ルカ)国際大学の敷地。

聖路加国際大学   

 ここは明治8年(1875)~23年(1890)の間アメリカ公使館が置かれたところで、その前まで元麻布の善福寺に置かれていたのを、この外国人居留地内に新築され、初めて公使館らしい形容が整えられました。
 公使館は明治23年(1890)赤坂の現在地に移転され、現在の大使館に至っていますが、その跡地であることを示すため、星、白頭鷲、星条旗の3個の石標が残されました。

星   

 白頭鷲はアメリカの国鳥。星条旗に彫られた13の星は米国初期の13州のことです。

白頭鷲 星条旗   

 その奥に山小屋風の洋館が建っていますが、これはトイスラー記念館。 
 トイスラーとは聖路加病院の創立者ルドルフ・ボリング・トイスラー(1876~1934)博士のこと。
 彼は明治33年(1900)25歳のとき、米国聖公会宣教医師として来日。
 翌年、日本初の近代型医療施設の聖路加病院 (聖路加国際病院の前身) を開設し、初代院長を務めました。
  
 また、明治37年(1904)には聖路加看護婦学校発足を発足させ、専門技術と知見を備えた看護職の育成に務め、日本の近代医療に大きく貢献しました。
 聖路加看護婦学校はのちに聖路加国際大学になり、今日に至っています。
 そのトイスラー院長は昭和9年(1934)聖路加国際病院で死去。享年58。

トイスラー記念館   

 この記念館は、昭和8年(1933)聖路加国際病院の宣教師館として建設されたものを解体し、平成10年(1998)に移築復元されたものです。非公開。
  

 トイスラー博士、初めて知りました。日本の近代医療発展の陰にこんな人がいたとは。
 もし長生きされていたら、後の太平洋戦争をどのように思われたでしょうか。

キャンパスの早咲き桜   

 キャンパスにまだ若木の早咲き桜が咲いていました。(03/24現在)
  

 医の道を託して彼岸桜かな

2017.03.25 明石町を歩く

 おッ、咲いてる、咲いてる。
 といってもソメイヨシノではありません。これは陽光桜。
 天城吉野と寒緋桜との交配で作出された品種だそうです。
 なるほど、だからピンクが鮮やかで、咲く時期が早いのか(03/24)。

陽光(築地川公園)    

 この場所は、なにを隠そう、築地川公園。昔は川だったところを公園にした。
 町名でいえば、東京都中央区明石町。ほとんど聖路加国際病院の敷地です。
 そしてこのあたりは「歴史の道」ということで、いろんな碑が立てられています。

聖路加病院   

 まず「芥川龍之介生誕地」の碑。(といっても解説の看板のみ)
 「えッ、こんなところで生まれたの?」と思われるかもしれませんが、この付近に牧場があって、その経営者・新原敏三の長男として生まれたのが龍之介。しかし家庭の事情で生後7ヶ月にして母方の親戚・芥川家に引き取られ、養子になりました。
 東京帝国大学在学中から文筆に親しみ、「地獄変」「羅生門」「或阿呆の一生」など、多くの名作を残しました。横須賀・吉倉公園の「蜜柑」も。

芥川龍之介の生誕地   

 さらに行くと「浅野内匠頭邸跡」の石碑があります。
 ご存じ「忠臣蔵」の原因となった殿様ですが、江戸城中で刃傷沙汰を起こし、即日切腹。江戸屋敷、領地は取り上げられ、浅野家は断絶しました。

浅野内匠頭邸跡   

 またここは明治になって外国人居留地が設置されたところであり、明石小学校の角にはレンガ塀とガス灯の遺構が保存展示されています。

築地外国人居留地跡とガス灯   

 外国人居留地でも、商館が多かった横浜や神戸と異なり、公使館や領事館、宣教師・医師・教師などの知識人が多かったそうです。

居留地時代のレンガ塀遺構 

 文明開化の場所といっても、ここは横浜とはまた違った趣があります。
  

 新入りの宣教師も見し江戸彼岸

 仙波東照宮の石段の脇に桜が咲いているのを見つけました(03/22現在)。
 ソメイヨシノ? まさか。

仙波東照宮   

 この木は特別らしく、柵で囲ってありました。
 幹につけられた名札を見ると、「エドヒガン桜・樹齢?百年」とあります。

伊豆守お手植えの江戸彼岸   

 川越の観光情報によると、これは川越城主「松平伊豆守信綱」が植えたとされる桜だそうです。
 「本当かね?」と疑うのは野暮。栗東の歴史研究家にいわせると、そういう言い伝えがあることが大事なのだそうです。
  

 その北にある「喜多院」。
 ここも桜の名所で、満開時には多くの花見客で賑わい、屋台も出ますが、ソメイヨシノはまだまだ。

ソメイヨシノはまだまだ   

 しかし、しだれ桜は咲いていました。
 ここのしだれは見事。とくにしだれ越しに見る多宝塔はなかなかのもの。

喜多院のしだれ桜   

 これも由緒あるしだれ桜かもしれないけど、当方の知ったことではないわい。

しだれ越しの多宝塔   

 名刹を隠して枝垂桜かな