FC2ブログ

 逗子海岸の北に位置する浪子不動園地。

浪子不動園地 

 ここは昨年訪れた「披露山公園」の麓の緑地で、中腹に高養寺(白滝山)があります。

安養寺(浪子不動) 

 白滝というのは高養寺の裏手の崖に小さな滝が流れているかららしい。

安養寺裏手の滝 

 浪子不動のいわれについては、
 今から600年以上も昔、披露山(ひろやま)から不思議な光が差すようになり、魚が獲れなくなったのを、鎌倉・補陀落寺(ふだらくじ)の頼基法印(らいきほういん)があたりを調べると、岩の洞穴に石の不動尊を発見した。村人が大切に祀ったところ、また魚が獲れるようになったという話があり、当初は「浪切不動」とか、「白滝不動」と呼ばれていました。
      

 それが「浪子不動」といわれるようになったのは、徳富蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」がここを舞台にしており、主人公の「浪子」にあやかったとか。
 これについては2年前にも述べましたが、相変わらず「不如帰」は読んでないので、忸怩たる思いです。

徳富蘆花の文学碑 

 昭和8年(1933)、お堂の前の海中に徳富蘇峯(蘆花の兄)の筆による「不如帰」の碑が建てられました。これは園地からも見えます。

海中に石碑が建っているのが見える 

 ここにも「さくら貝の歌」の歌碑がありました。
      

 ♪うるわしきさくら貝ひとつ
 去りゆける君に捧げん
 この貝はこぞの浜辺に
 われひとり拾いし貝よ……

浪子不動にある「さくら貝の歌」の歌碑 

 これを作詞した土屋清(花情)は、元逗子役場の職員。成就しなかった初恋の思い出を胸に、砂浜を散歩するなかでこの詩が生まれたとか。
 この歌碑、鎌倉の材木差海岸でも見たけど、実は逗子が本場だったのか。
      

 海岸に出てみました。
 ここから見る逗子湾の景色はなかなかのものですが、海水浴場ではないので、人がいない。

浪子不動園地から見る逗子湾 

 すぐ近くに「不如帰」の石碑が見えます。

海中に建つ「不如帰」の石碑 

 ここは逗子海水浴場とはまったく様相が違いますが、なかなか味わい深いところです。

    

スポンサーサイト

 逗子海岸の南端、湘南道路(134号)上に渚橋が架かっています。
 下を流れるのは田越川。

渚橋 

 この橋から見る逗子海岸の景色はなかなかのもの。堤防の左が田越川です。

渚橋から見る逗子海岸 

 この橋を横切って市街地に入ります。
 田越川に沿って東に入るとまず目につくのが朱塗りの大きな橋。富士見橋です。
 この橋は京都の五条大橋を模してつくられたとか。

富士見橋 

 最初にかけられたのは明治時代で、当時は「田越橋」と呼ばれていましたが、昭和30年(1955)に架け替えられたとき、「富士見橋」に変りました。今の橋は昭和63年(1988)に架け替えられたもの。橋長35m。(かながわの橋100選)

田越川と富士見橋 

 ここから見る富士山の眺めが素晴らしいから、この名がつけられたのですが、この日は見えなかった。
     

 そこからさらに上流に向かうと、欄干が石造りでどっしりした田越橋。
 この通りは銀座通りです。

田越橋 

 欄干が石造りの橋といえば久木川に架かる東郷橋。
 この橋は昭和2年(1927)に建設されたもので、日露戦争での東郷平八郎の凱旋を祝って名付けられました。(かながわの橋100選)

東郷橋 

 この近くに東郷平八郎の旧宅があったところからこの通りを東郷通りと呼ばれたそうですが、一般的には八幡通り。亀岡八幡宮と海岸を結ぶ道だからです。
    

 八幡通りと銀座通りの交差点。
 逗子市ではこのあたりが最も賑やか。

八幡通りと銀座通りの交差点 

 市街地を歩いてみて、八幡通りは細い道ながら、逗子海岸へ通じるメインストリートであり、最短の道であることがわかりました。
 市街地は総じて魅力に乏しい。これが私の感想です。

        

2018.08.14 逗子海水浴場

 逗子といえば海水浴場。
 ここは他の海水浴場と違って雰囲気あります。

逗子海水浴場① 

 海岸線は長く(約1km)、しかもU字型になっているので、対岸を見ることができ、遠浅で波も静か。海水浴場として安心感があります。
 そのため家族連れが多く、またギャルも多い。
 若者にとってはナンパのメッカ?

ギャルの姿も 

 「向こうは江ノ島。晴れた日は富士山も見えるよ」
 とは海の家のおじさん。
 ここは海水浴だけではなく、波が穏やかなため、ウィンドサーフィンも盛ん。
 また湘南ロックのコンサートもここで催されるそうです。

逗子海水浴場② 

 沖を見るとゴムボート(?)を利用した遊具が設置されています。
 面白そうですが、これは2年前なかったような……。

沖に浮かぶ遊具 

 海水浴場の南端に「太陽の季節」の記念碑が建っています。
 私は若いころ、この小説を読んで、どんなに湘南に憧れたことか。

「太陽の季節」文学碑① 

 その原点がここだったとは。
 ここには岡本太郎がデザインした記念碑が建てられています。万博の「太陽の塔」でおなじみのデザインですが、なかなか迫力があります。

「太陽の季節」文学碑② 

 もっとも今はこの小説に何の感慨もなく、今さら「太陽族」といっても私には無縁の話です。
 私のような年齢になると海水浴に対する意欲はまったくなくなり、海水浴場は眺めるだけ。
 それでも楽しいのは、海の魅力?


2018.08.13 蘆花記念公園

 逗子海岸の東は小高い山(桜山)があり、その麓一帯は「蘆花記念公園」と呼ばれています。
 これは昭和59年(1984)4月、市制施行30周年を記念して、逗子の名を広く知らしめた徳冨蘆花ゆかりの地につくられたもの。

蘆花記念公園      

 この公園へは2年前にも訪れたことがあります。
 私は昔、京王線沿線に住んでいたことがあり、「芦花恒春園」(東京都世田谷区)には何度か訪れたことがあるので、蘆花の名を冠した公園には親しみがあるからです。

逗子市資料館への道  

 公園の奥「郷土資料館」の標識があり、細い山道になっているので、前回同様上りました。
 所どころ、季節の歌を詠んだ札が建てられています。なんとも風情があります。

所どころに季節の歌が… 

 歩くこと10分。「逗子市郷土資料館」の入口に着いたのですが……。

逗子資料館・入口 

 なんと「休館中」の貼紙が。
 「逗子市郷土資料館は、市の緊急財政対策により、平成30年4月1日~平成31年3月31日は休館します。ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了解ください。なお、平成31年度以降については未定です。 平成30年4月1日  逗子市教育委員会」との説明。
        

 2年前、入口で100円徴収されて、「やっとの思いで上ってきたのに、100円も取られるとは。ここは追剥か」と思ったものですが、入ってみるとなかなか風情のある建物で、展示物も蘆花をはじめ逗子ゆかりの文学者のものが多く、資料も豊富でした。これで100円は安い。
         
 資料館の人との会話も面白かった。
 「石原慎太郎のデビュー作『太陽の季節』を読み返してみたら、単なるチンピラの話でガックリしました」と係の人にいうと、
 「あの小説は真面目に読んではいけないのです。湘南の青年たちの実像というより、一種のおとぎ話として読むべきです」との答え。
 おとぎ話? ふーむ、そんな読み方があったのか。
 目からウロコの思いでした。
     

 しかし今回は閉ざされたまま。
 思えばあのときの入館者は私のみ。とても採算が合わなかったのだろうな。

逗子資料館・裏庭   

 仕方なく庭を見て、そこから見える海の景色を眺めました。
 ここは「桜山の晴嵐」といわれ、「逗子八景」のひとつに選ばれるほどの絶景スポットです。

庭から見る海の景色 

 晴れていれば、葉山港や相模湾・江の島などが望め、富士山も見えるそうですが、この日は見えなかった。
     

 来年の4月1日以降は未定となっているけど、おそらく開館は無理だろうな。
 そんなことを思いながら、そこをあとにしました。

     

2018.08.12 亀岡八幡宮

 京急新逗子駅向かいにあるのが亀岡八幡宮。

亀岡八幡宮・鳥居 

 由緒によると、「創建は不明なれど、境内地がなだらかな岡で亀の背のようであったことから、鎌倉の鶴岡八幡宮に対し亀岡八幡宮と付けられた」とのこと。

拝殿と御神木 

 なるほど、拝殿前には一対の亀(阿吽の亀?)が置かれています。
 これが何とも可愛い。

拝殿前の亀① 拝殿前の亀②

 むろんその前には狛犬もいますが、ここでは亀が主役。
   

 鎌倉の鶴岡八幡宮に対してとのことですが、鶴岡八幡宮がいわゆる観光地なのに対して、こちらはいかにも鎮守の森のようで、ひっそりしています。

境内の石塔群 

 参拝者も少ないし。
     

 境内のベンチでは若いサラリーマンが2~3人、携帯で(相手先との)やりとり。
 涼しいし、無料だし、喫茶店に入るよりいいか。
 営業は大変だなあ。私は彼らを見るたび、エールを送りたくなります。